スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手trip③

いやー、暑いですねー

この旅に出発した時には台風だったのに、帰ってきてみたら梅雨が明けてていきなり猛暑って、ちょっとした浦島太郎の気分でした。

で、岩手trip三日目です。

この日は丸一日、平泉にいました。
平泉ってなぜかかなり以前から気になってました。
明確な理由はわかりません。

日本で最初に世界遺産に指定された街だから?
鎌倉と繋がりがあるから?(源義経終焉の地が平泉です)
金色堂って寺なのにキラキラしてるの?
「ひらいずみ」って語感が気に入ったから?


多分、全部ひっくるめて気になったんでしょーね。

ちなみに平泉って、岩手県平泉町って町名なんですね。
僕は中尊寺がある特定の場所の名称かと思ってました。
(気になってたくせに何も知らない^^;)
平泉町の中に世界遺産に指定された建造物や遺跡が点在してるんですね。
で、それらは仏国土(浄土)を表す建築と庭園が考古学的に価値がある遺跡群てところが評価されて世界遺産に指定されたんだそー。
町全体で極楽浄土を表してるんですねー

まず行ったのは当然、中尊寺です。
9時前でしたのでまだ人もまばらでのんびり月見坂を上っていきます。
IMG_3075.jpg

まずは中尊寺
IMG_3090.jpg

そして金色堂
IMG_3108.jpg
ネットや雑誌なんかでもよく出てくるアングルです。
僕はずっとこれが金色堂なんだと思ってました。
これは覆堂(おおいどう)っていうものなんですって。
金色堂を守るために覆ってるんです。知らなかった〜。
で、ホントの金色堂を見るために中に。

一目見た感想は「スッゲー!」
マジにまっきんきんなんですね。しばらく呆然と見てました。
残念ながら撮影禁止のため写真はありません。

次に行ったのは高館義経堂です。
IMG_3133.jpg
ここが源義経終焉の地です。右奥に供養塔が見えます。

で、毛越寺
IMG_3151.jpg
ここの境内に広がる庭園は平安時代の浄土を表現してるらしいです。
とても心落ち着く場所でした。

その次が達谷窟毘沙門堂(「たっこくのいわやびしゃもんどう」と読みます)
IMG_3168.jpg
崖から飛び出したように建てられてます。何気に迫力あります。

その横にあるのが岩面大佛です。
IMG_3178.jpg
顔面に刻まれた大仏です。33メートルもあるらしいです。
昔の武将が馬上から弓矢で刻んで彫られたと伝えられています。

で、締めはここです。厳美渓。
IMG_3200.jpg
ここは平泉からは離れているのですが、初日に会った三原さんオススメの場所だったので行ってみました。
水が岩を侵食し作り上げたとてもダイナミックな景観です。
悠久の時の流れを感じるようです。

いやー、満喫しました。平泉。よかったなー。

仲間もいない盛岡で一人頑張って開業した三原さん。
自然の驚異と神秘さで幻想的な別世界の龍泉洞。
平安時代に仏教文化を基に平和な理想郷を表現した平泉。

今の僕にとって今回の旅はとても有意義な旅でした。
いろんなことを考えて感じて感動した旅でした。
やっぱり一人旅っていいですね。

また来週から仕事頑張ります!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。